新谷正志 | サ高住ナビ

新谷正志

「練習試合」

こんにちは。
新谷です。

久しぶりに飛行機で移動しました。
キャリーバッグを使ったのも実は久しぶり。

大阪配属の2年間は「飛行機移動」を中心にしていましたが、
最近は専ら新幹線で、可能な限り日帰りするようにしています。

でも、久しぶりにキャリーバッグを持って颯爽と移動してみると、
「スイッチが入る感覚」があって、気分は悪くないです。

そんなドタバタの一週間を経て、日曜日は最近の日課である「ボランティアDAY」。

某小学校に電車を使って移動し、練習試合をした1日だったのですが・・・

相手チームのレベルの高さに度肝を抜かされました。
相手チームながら思わず歓声や拍手をしてしまうレベルで、笑

生まれ持った素質もあるでしょうが、間違いなく「練習量」が違います。
もちろん、「指導者の質」や「生徒の数」といった外部環境もありますが、
「本人の意識の高さ」が「練習量」に比例しているのだろうと推察されます。

単純にサッカーが好きなのでしょう。
「努力できるのも素質」といえばそれまでですが、
そうはいってもまだ「8歳」です。

可能性の塊であるこの年齢であれば、
「これからの努力次第」でいかようにも逆転することはできます。

まずは、「自分のポジション」をきちんと認識する所からスタートするしかありません。

当事者たちがどこまで理解しているかは疑問ですが、
もう少し悔しがってほしいな、笑。
せめて、「接戦」といえるくらいの試合はしてほしいものです。

サッカーを通じて、成長させたいものって何なのだろう?