鈴木精一 | サ高住ナビ - Part 5

鈴木精一

わかるまで

本日は1日会議の日

細かな打ち合わせも含めると、
結構な数の確認や承認、
ジャッジや決め事をしたかと思います。

また明後日は高齢者住宅研究会の総会があるため、
これまた色々な準備等の打ち合わせをしました。

最近よくあるのが、
こうした打ち合わせにおいて、
決まったことと全く違うことを
1人で勝手に進める人がいます。

「いやいや打ち合わせと違うじゃん」

100歩譲って、
伝わってなかったのかもしれません。

とまれば、
こちらにも非はあります。

「ごめんよ。」

いやでも、
ちゃんと確認して納得もしたはず・・・。

「テキトーに返事をしたのか?」

と疑いをかけられかねません。

わからなければ、
きちんと確認するクセをつけてほしいものです。

わからないものはわからない。

それは仕方ありません。

何となくこうだろうな~できちんとハマル人も確かにいます。

そうではなく、
やっぱりチンプンカンプンな人も世の中にはいます。

自身が後者だと認識したのなら、
納得がいくまで確認しないといけません。

「あの打ち合わせは何だったんだ~」
ということになってしまうからです。

マイペースなのか、
理解が弱いのか、
何も考えていないのか、
プライドが邪魔しているのか。

相手の時間を奪うことは
最も思いやりのない行為だと思います。

私自身もそうなっていないよう
セルフチェックをしつつ・・・、自戒を込めて。