サ高住ナビ(サコナビ) - メルマガページ |サービス付き高齢者向け住宅 サ付き住宅 高齢者住宅 介護 補助金 セミナー コンサル 船井総研
  • 介護経営ドットコム

  

□□■■高齢者住宅研究会 メールマガジン■■□□               vol.17  05/04/2015

『サ高住の参入スキームの5割が、○○という実態』 

おはようございます。
船井総研の永田です。

気づけば早くも5月に突入!
ゴールデンウィーク真っ只中~という世間をよそに、
大忙しな会社さんも多いのではないでしょうか?

そんな中、サ高住も休まず!?どんどん戸数が伸びてきていますね!
2015年3月末で全国17万戸を突破。

昨対比で120%以上の伸びです。
補助金、税制優遇制度も更に2年間延長を受け、
今後も益々、堅調な伸びを見せると思います。

ところで皆さんは、
サ高住の参入を検討する際、あるいは提案をする際、
どんなスキームを思い浮かべますか?

サ高住の参入スキームには、
・自社開発方式(介護会社が自前の土地を活用、あるいは新たに購入し、建物も自前で建設)
・建て貸し方式(地主の土地に高齢者住宅を建ててもらい土地と建物を一括で借り上げ。サブリース。)
・定期借地方式(地主へ土地代だけ払い建物は自前で建設)
・その他いろいろ
の大きく4パターンがありますが、

比率で言うと、
自社開発方式:3、建て貸し方式:4、定期借地:2、その他:1
くらいになるということが、最新のデータでわかっています。

バラツキがありますよね。

ここで「あれれ??」と思った方。
それものそのはずです・・・。

介護会社が自前で建物を建設するパターンって、結構多いんですね。
自社開発方式と定期借地方式を合わせると、全体のなんと5割。

この比率は東京都を除けば、
都市の規模別に見たとしてもその差はほんのわずかで、
どのエリアも5~6割のサ高住を運営する会社は、
自前で建築しているわけですね。

「億の借金をしてでも、高齢者住宅へ参入したい!」

この傾向は年々、緩やか~に高まっていることは、
(1) 介護報酬改定
(2) 地域包括ケアの流れ
(3) 競合他社による高齢者住宅の参入

が影響していることは間違いありませんし、
介護会社向けの相談会やセミナーを毎月開催していて、
肌で感じることができます。

つまり、「土地オーナーを介さないスピード優先の参入スキーム」を
選択する介護会社が増えてきた、ということなのです。

これは決して、
建て貸しスキームを否定するわけではありませんのであしからず。

ここで言いたいことは、(1)~(3)を背景に、
これまで以上に高齢者住宅へ参入する
機運が介護会社の間で高まっている、ということです。

高齢者住宅は、
自社で土地を買ってでも、あるいは
自社で建物を建てても、
採算が合うビジネスモデルなのです。

ここで「高齢者住宅の事業参入で即成功するためのセミナー」のご案内です!!!
(ゼネコン・土木・ビルダー・不動産会社の経営者様向け)

これは、自前建設方式で年間6棟10億円を受注した1人の営業マンのお話です。
新築着工棟数は激減、公共工事のお仕事も激減、の時代に、
「とにかく新規客とってこんかい!!!」とシニアビジネスに
人生と誇りを賭けたたった一人の営業マンの笑いあり涙ありの成功物語。
そしてそれは例外なく、あなたでも実現可能なことばかりです。

参考までに、セミナーではこんなテーマを扱います。
□ 中途・素人の私でも、4ヶ月で受注できました。
□ こんな営業マンは失敗する!? 土地活用の基本編
□ こんな営業マンだから受注できる!! 介護会社編
□ 年商4,000万円の介護会社に融資させる方法
□ 借地活用!! 住宅型老人ホームを建てよう!!
□ 高齢者住宅の管理受託する方法(10%)
□ オフィシャルネーム「○○推進協議会」で集客バンバン♪
□ 銀行融資は任せろ!! 絶対通る事業計画書の作り方
□ 原価35万円/坪 実行予算書公開します!!
□ こんな営業ツールがほしかった。
□ 介護会社に人手不足と言われたら・・・。

まだまだありますが書ききれませんので、
続きはサコナビで。

まずは、
5月28日(木)の東京会場 12:30受付開始
6月1日(月)の大阪会場 12:30受付開始
をおさえてください!

シニアビジネスで成功してみたい、とお思いの方、
この最後のチャンスに賭けてみませんか?


 高齢者住宅の事業参入で即成功するためのセミナー告知


高齢者住宅経営者向けメルマガ メルマガバックナンバーバナー



【船井総研】高齢者住宅コンサルティングメルマガ、「通称サコナビ通信」は、全国で高齢者住宅を開発する建築・不動産会社様、それを管理・運営する 医療・介護会社様のための最新成功事例をお伝えするメールマガジンです。毎週月曜日に渡り配信しています。



※船井総研オフィシャルサイトのメールマガジンを配信登録ページへ移動します。
※配信登録は無料です。ご登録いただきますと、「FUNAIメンバーズ Basic会員」(無料)に自動的に登録されます。

top