サ高住ナビ(サコナビ) - メルマガページ VOL.73 「営業力=対応力 スピードは価格に勝る」 |全国で高齢者住宅を開発する建築・不動産会社様、それを管理・運営する 医療・介護会社様のための最新成功事例をお伝えするメールマガジンです。

  

高齢者住宅コンサルティングメルマガ VOL.73(通称:サコナビ通信)
■□■…………………………………………………………………………………

 コラム「とりあえず物件を見てみる」

…………………………………………………………………………………■□■

船井総合研究所の川崎です。
おはようございます。

百聞は一見にしかず。
まさしく、この言葉が当てはまると思いました。

6月7日に開催した「障がい者施設見学ツアー」は
満員御礼!大変ご満足いただいた視察ツアーとなりました。
20名を超えてしまい、お申し込み頂けなかった方は
申し訳ありませんでした。7月22日も第2回目の開催を
控えておりますので、そちらでご案内いたします。

空き家改修型の障がい者グループホーム見学

就労B型の農園見学

新築の障がい者グループホーム&就労B型

実際に障がい者の方が働かれている
姿を見て、建物の内部を見て、運営者の話を聞いて
建設会社の社長の思いや、建築に関わること
について聞いて、インプットする内容が多いぐらいだと
ご案内しながら感じておりました。

ただ、参加された皆様が共通して感じたことがあると思います。

正直、偏見がまだ世の中にあることは否めません。
しかし、障がい者であっても健常者と変わらず
仕事をして、社会の一役を担っている。
なのにも関わらず、「住まい」が圧倒的に不足している。
これが現実です。

「・・・であれば作ってあげよう!」と思っても
実際に行動に移らせることができるのは、【不動産】【建設】
の2者しかおりません。

ビジネスの側面で考えると、
(1)圧倒的に足りていない
(2)障害を持っていても普通の住まいが欲しい
(1)+(2)=ブルーオーシャン市場でもあります。

新築着工棟数が減り、次の建てるものを考えなければ
ならないイマ、その模索した結果として
障がい者グループホームへ至る場合もあれば
たまたま会社へ相談が入り、興味を持ち次の一手として
検討を始める場合。

理由はどのようであれ、必要としている人がいること、
国としても障がい者の住まい・雇用・差別禁止などなど
政策が進む中で、どのように会社の舵取りを行うか・・・
最後は経営者の決断であり、責任であります。

どうぞ、皆様も百聞は一見にしかず。
7月22日も第2回目の開催を控えておりますので
お申し込みを考えてください。
※20名に達した時点で募集を締め切ります。

お問い合わせやご質問は下記まで。
TEL: 090-6652-0591
Mail:sho-kawasaki@funaisoken.co.jp

…………………………………………………………………………………■□■
このメルマガ内容に関するご質問・ご相談はお気軽に川崎までメールでください。
メールアドレス:sho-kawasaki@funaisoken.co.jp
■□■…………………………………………………………………………………

株式会社 船井総合研究所 
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
TEL:03-6212-2951(担当:尾崎)
E-mail: s.suzuki@funaisoken.co.jp
高齢者住宅専門ポータルサイト(サコナビ):
http://www.sakouju.com/
船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング (住宅不動産コンサルティング.COM):
http://www.fhrc.jp/

…………………………………………………………………………………■□■


高齢者住宅経営者向けメルマガ メルマガバックナンバーバナー



【船井総研】高齢者住宅コンサルティングメルマガ、「通称サコナビ通信」は、全国で高齢者住宅を開発する建築・不動産会社様、それを管理・運営する 医療・介護会社様のための最新成功事例をお伝えするメールマガジンです。毎週月曜日に渡り配信しています。



※配信登録は無料です。ご登録いただきますと、「FUNAIメンバーズ Basic会員」(無料)に自動的に登録されます。

top