サ高住ナビ(サコナビ) - メルマガページ VOL.74 「成功する障がい者就労施設とは?」 |全国で高齢者住宅を開発する建築・不動産会社様、それを管理・運営する 医療・介護会社様のための最新成功事例をお伝えするメールマガジンです。

  

高齢者住宅コンサルティングメルマガ VOL.74(通称:サコナビ通信)
■□■…………………………………………………………………………………

 コラム「成功する障がい者就労施設とは?」

…………………………………………………………………………………■□■

おはようございます。
船井総研の下枝です。

本日は、成功する障がい者の就労施設についてお話したいと思います。

現在障がい者の就労施設は供給過多の状況になっており、
なかなか利用者が集まらない状況になっております。

そんな中で新規で事業に参入し多くの利用者を集めて成功している施設があります。
そのポイントとは

(1)障がいの性質に合わせた分業
(2)分かりやすいマニュアル
(3)商品力

の3つです。

まず1つめに重要なことは「障がい者の方に合わせた分業制」です。
障がい者の方々は業務の得意、不得意分野が特にはっきりしています。
障がい者の方にあった仕事を作れなければ就労支援施設として運営することはできません。

私が以前視察に行った喫茶店の場合は清掃の業務、パンを焼く業務等
しっかりとした分業制にしています。
また、どうしても難しい接客やレジの業務は
健常者の方が行うという運営方法をとっています。
2つめは分かりやすいマニュアルです。あたりまえのことと思うかもしれませんが、
就労施設の場合特にこの“分かりやすい”ということが重要になります。

たとえば
http://www.swanbakery.co.jp/swan_manual/index.html
上記のURLをみてください。
マニュアルがスライド1枚につき、1文&1写真になっているのが分かりますでしょうか?

障がい者の方は多くの情報をいっぺんに伝えると混乱してしまいます。
上記のURLのようなわかりやすいマニュアルを作ってあげましょう。
最後に一番重要なことが「商品力」になります。

障がい者の就労施設による商売を始める場合、
どうしても就労施設のサービスは健常者のサービス力に比べると劣ってしまいます。
つまり、障がい者の方に十分な給料を支払うには、商品力による差別化が必要になります。
就労施設を始める場合は、商品による差別化をして、商品が売れ、収益が上がり、
賃金を高く支払うことができる流れができると、高稼働率の就労施設ができるでしょう。

とある喫茶店では障がい者の方でもおいしく作れるようなパンを開発しています。
有名店の商品開発工程を参考にし、作業工程を分業化することで全く同じ商品を
提供しています。

また弊社でも障がい者の就労施設でトマト・いちごによる農業を勧めておりますが、
それもT&T農法による高収量、高品質のものを取れるという商品力が強い商品を
扱っております。 皆様も就労施設に運営、提案される場合は、この3つの点にぜひ目を配ってみてください。

7月22日には弊社主催の障がい者住宅視察クリニックも行います。
今回は障がい者グループホームの視察ですが、成功事例を見るという意味でもぜひご参加ください。


…………………………………………………………………………………■□■
このメルマガ内容に関するご質問・ご相談はお気軽に下枝までメールでください。
メールアドレス:s-shimoeda@funaisoken.co.jp
■□■…………………………………………………………………………………

株式会社 船井総合研究所 
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
TEL:03-6212-2951(担当:尾崎)
E-mail: s.suzuki@funaisoken.co.jp
高齢者住宅専門ポータルサイト(サコナビ):
http://www.sakouju.com/
船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング (住宅不動産コンサルティング.COM):
http://www.fhrc.jp/

…………………………………………………………………………………■□■


高齢者住宅経営者向けメルマガ メルマガバックナンバーバナー



【船井総研】高齢者住宅コンサルティングメルマガ、「通称サコナビ通信」は、全国で高齢者住宅を開発する建築・不動産会社様、それを管理・運営する 医療・介護会社様のための最新成功事例をお伝えするメールマガジンです。毎週月曜日に渡り配信しています。



※配信登録は無料です。ご登録いただきますと、「FUNAIメンバーズ Basic会員」(無料)に自動的に登録されます。

top