サ高住ナビ(サコナビ) - メルマガページ VOL.88 「中小企業は生産性革命を急ごう」 |全国で高齢者住宅を開発する建築・不動産会社様、それを管理・運営する 医療・介護会社様のための最新成功事例をお伝えするメールマガジンです。

  

高齢者住宅コンサルティングメルマガ VOL.88(通称:サコナビ通信)
■□■…………………………………………………………………………………

 コラム「中小企業は生産性革命を急ごう」

…………………………………………………………………………………■□■

早いもので9月も最終週となりました。

残念ながら、今年の9月は祝日が繋がらなかったので、
「シルバーウィーク」という感じはしませんでしたね、笑

それでも、無事に広島カープのリーグ優勝が決まり、
カープファンの私としては、「記憶に残る9月」であったことは、
間違いございません。

さて、そんな9月のとある日

時代の先端をいく雑誌 『ウェッジ』 (9月号)

を読んでいましたら、こんな記事が載っていました。

~ほぼ半減する日本の労働力~

 2010年 8173万人 ⇒  2060年 4418万人

~日本の労働生産性は他の主要国と比べて低い~

ルクセンブルク      138909
ノルウェー     126330
アイルランド   118272
米国      116817
フランス   99680
ドイツ   92904
英国  82582
日本 72994

(単位USドル)

なんと、これからの50年で、
労働力は46%減少するそうです。

世界の主要国と比較しても、
日本の労働生産性は高くありません。

これから、労働人口が減るのであれば、
労働生産性を上げないと成長はできない。

これは、8月に開催した船井総研の経営戦略セミナーでも、
取り扱った大きなテーマの1つでした。

そんななか、先日、「ITモデル企業視察ツアー」で、
フィンランドから帰国したばかりの船井総研の社員が、
以下のような報告をしてくれました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フィンランドは自由で自立していて、
親切で笑顔が素敵な国でした。

以下、簡単なまとめです。

1.フィンランドは「やらざるを得ない状況」から高生産性になってきた
・資源がない、人口が多くない、冬に移動しづらい、共働きしないと食っていけない、
就職できないから起業せざるを得ない
・自社において、どうやったらやらざるを得ない状況を作り出せるか?

2.働き方革命は「休み方革命」!?
・働きすぎないルールをつくる(ノー残業デイ、週40時間労働、残業代は時給2倍)
・休むことを前提にプロジェクトや仕事を組む(夏休み、週3日勤務の社員)

3.生産性を高めるためのヒント
・日・週・月での生産性を見える化する
・プロジェクトを短く切る
・何が生産性に直結するか見極めて、集中し、それ以外はアウトソースする

4.取り入れたい企業文化
・透明性
・失敗を歓迎
・家族主義

5.優秀な人材を採用するヒント
・面白い、刺激的な仕事を用意する
・自由(時間、やり方)
・リラックスできる「家」のようなオフィス

6.イノベーションを起こすヒント
・世の中のムダ、業界のムダはないか?
・デザイナー、マーケッター、エンジニアの混成チーム
・セレンディピティ(素敵な偶然、予想外の発見)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(以上、転載終わり)

主要国の労働生産性ランキング(2012年)によると、
フィンランドは16位だそうです。
(日本はちなみに21位です)

皆様、何を感じられますでしょうか?

先日の経営戦略セミナーでも、
「生産性を上げる取り組みが進んでいる企業」
の事例紹介をさせて頂きました。

今回のフィンランド視察メモからも読み取れるように、
「生産性向上」を意識している企業は、
世界にも多く存在するということです。

ここからは宣伝になりますが、
船井総研では海外企業の視察ツアーも積極的に企画しています。

「2016年版 驚きのグレートカンパニー 視察ツアー」
http://www.funaisoken.co.jp/lp/005637.html

日程:2016年10月9日~16日

これは、年に1回開催される、「グレカン視察ツアー」で、
人気企画ツアーの1つです。

おかげさまで、今年もご予約で満員御礼となりました。

本当かどうか、来年は
「高齢者住宅、障がい者住宅の海外視察ツアー」
が開催されるという話もあります。

実現したら面白そうですね!

「生産性向上」のために何ができるだろうか?

国内だけでなく、グローバルな視点も持ちながら、
このタイミングで考えてみませんか?

…………………………………………………………………………………■□■
ご質問・ご相談はお気軽に新谷までメールでください。

メールアドレス:m.shintani@funaisoken.co.jp
■□■…………………………………………………………………………………

その他、「セミナー」や「高齢者・障がい者住宅_土地活用研究会」等のお問い合わせは、
株式会社 船井総合研究所 土地活用チーム
担当:西村  TEL:03-6212-2951 までお気軽にどうぞ。

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
高齢者住宅専門ポータルサイト(サコナビ):
http://www.sakouju.com/
船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング (住宅不動産コンサルティング.COM):
http://www.fhrc.jp/

…………………………………………………………………………………■□■

高齢者住宅経営者向けメルマガ メルマガバックナンバーバナー



【船井総研】高齢者住宅コンサルティングメルマガ、「通称サコナビ通信」は、全国で高齢者住宅を開発する建築・不動産会社様、それを管理・運営する 医療・介護会社様のための最新成功事例をお伝えするメールマガジンです。毎週月曜日に渡り配信しています。



※配信登録は無料です。ご登録いただきますと、「FUNAIメンバーズ Basic会員」(無料)に自動的に登録されます。

top