サ高住ナビ(サコナビ) - メルマガページ VOL.137 「今年の24時間テレビ!ぶっちゃけどうでした?」|全国で高齢者住宅を開発する建築・不動産会社様、それを管理・運営する 医療・介護会社様のための最新成功事例をお伝えするメールマガジンです。
フローティングバナー

  

高齢者住宅コンサルティングメルマガ VOL.137(通称:サコナビ通信)
■□■…………………………………………………………………………………

コラム
「今年の24時間テレビ!ぶっちゃけどうでした?」

…………………………………………………………………………………■□■

おはようございます。

早いもので8月も終わり、9月に入りました。

今年の「24時間テレビ」は、番組史上で歴代2位の高視聴率を記録し、
色々な話題を作ってくれましたね。

視聴された方は、どんな感想を持たれたでしょうか?

私の感想は・・・

「いい話が聞けたな」

というのが一番の感想です。

個人的には、社員の70%以上が知的障害者だという、
チョークの市場シェアを50%取っている、
「日本理化学工業」様の話が最も印象的でした。

障がいを持たれている方が、真剣に働かれている姿がたくましく、
心が動かされました。

「自分も頑張ろう」と素直に思いました。

こういう気持ち、なんとなく、皆様にも理解して頂けると思います。


最近、面白い話を聞きました。

名古屋にある「共生型施設」に訪問し、同一建物内で、
高齢者と障がい者がともに生活される様子を見学した時の話です。

1階:就労支援事業B型(20人)
2~3階:老人ホーム(20室)

という3階建の施設です。

高齢者住宅×就労B型の共生型施設は、
「スタッフ確保にメリットがある」
という話でした。

これは、新しい視点です。

聞けば、就労支援施設の営業時間は平日のみで、土日は休日です。
介護スタッフとは違い、身体介護もないので、求職者が多く集まると言います。

そこまでは、就労施設における一般的な話。

共生型施設の場合、就労施設で採用された人材が、
入社後に介護スタッフに配置転換された事例がある。

というのです。

つまり、採用の入り口は「就労施設での世話人」ですが、
採用後に「ヘルパー」として勤務されている方がいるということです。

しかも、それは強制的ではなく、自然な形で行われた配置転換
(人事異動)なのだそうです。

「働く障がい者」と触れ合うことで、新しい価値観が芽生えたのだと、
理事長は教えて下さいました。

面白いエピソードだと思いました。


また、理事長は「障がい者雇用」に関しても積極的です。

健常者とは違う視点や、健常者を凌駕するスキルを持つ人材を雇用した事で、
コミュニケーションの指示が明確になり、仕事の細分化、単純化が実現したと、
教えて下さいました。

「障がい者雇用が生産性向上に繋がった」という、
これも、面白いエピソードだと思いました。


人口減少時代に入ったこの国は、価値観が多様化した「成熟社会」です。
「多様性」が求められる時代に、いかに労働者確保をしていくか。

私は、そのヒントとして「障がい者雇用(就労)」があると考えます。


皆様はどんな感想を持たれましたか?

次回は、人工知能(AI)と障がい雇用の相関について、
少し考察してみたいと思います。

…………………………………………………………………………………■□■
ご質問・ご相談はお気軽に鈴木までメールでください。
メールアドレス:m.shintani@funaisoken.co.jp
■□■………………………………………………………………………………


その他、「セミナー」や「高齢者・障がい者住宅_土地活用研究会」等のお問い合わせは、
株式会社 船井総合研究所 土地活用チーム
TEL:03-6212-2951 までお気軽にどうぞ。

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
高齢者住宅専門ポータルサイト(サコナビ):
http://www.sakouju.com/

高齢者住宅経営者向けメルマガ メルマガバックナンバーバナー



【船井総研】高齢者住宅コンサルティングメルマガ、「通称サコナビ通信」は、全国で高齢者住宅を開発する建築・不動産会社様、それを管理・運営する 医療・介護会社様のための最新成功事例をお伝えするメールマガジンです。毎週月曜日に渡り配信しています。



※配信登録は無料です。ご登録いただきますと、「FUNAIメンバーズ Basic会員」(無料)に自動的に登録されます。

top